WiMAXの速度制限なしはガチ無制限?完全使い放題にする方法を調査

現在モバイルルーターの契約を検討している人で、WiMAXを候補に挙げている人もいると思います。WiMAXを利用するにあたって気になるのは「速度制限」ではないでしょうか?

今回はWiMAXの速度制限のルールと「完全使い放題」で利用する方法を紹介します。

WiMAXの速度制限のルール

WiMAXでは一定の通信量を超えた場合に速度制限がかかるというルールが設けられています。

速度制限のかかるタイミングや期間は「料金プラン・回線種別」によって異なるものです。ひとつずつ説明します。

ギガ放題プラン

ギガ放題はひと月のデータ量に制限のない料金プラン。

参考:WiMAX 比較で検索

ただし、詳細は後ほど説明しますが、完全使い放題で使用するためにはコツがあります。というのも、直近3日間のデータ量の合計が「10GB」を超えた場合に速度制限がかかるからです。

制限中の通信速度は送受信ともに「最大1Mbps」です。なお、速度制限のかかる期間は「直近3日間のデータ量の合計が10GBを超えた日の翌日、18時~翌々日2時まで」の8時間。

「最大1Mbpsでもインターネットは使えるの?」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、動画視聴やネットサーフィンは利用できます。

※YouTubeの動画視聴(通常画質)に必要な速度は1Mbpsです。

参考:システム要件

7GB通常プラン

ひと月のデータ量の合計が「7GB」を超えると速度制限がかかるプランです。

7GB通常プランはWiMAXの種類によっては、「ライトプラン」「WiMAX 2+ Flat」「UQ Flatツープラス」などの名称で呼ばれることもありますが、条件はどこも同じです。

ひと月に利用できるデータ量が少ないので、ギガ放題プランと比べて月額料金は安い。

でもその代わりに速度制限の条件は厳しいです。制限中の速度は送受信ともに「最大128kbps」となります。なお、速度制限の期間は、「ひと月で7GBのデータ量を超えた日から当月の末日まで」の間となります。

制限中の通信速度128kbpsでは動画視聴は厳しい。また、ネットサーフィンをしていても画像の読み込みに時間がかかるためストレスを感じます。

参考:【楽天モバイル】1Mbps 128kbps 動画再生比較

※参考動画は楽天モバイルのものですが、動画視聴に必要な速度の目安にしてください。

通信速度128kbpsだとラインでメッセージを送信する程度は可能ですが、相手が送ったスタンプの表示に時間がかかるレベルです。普段インターネットをよく利用する人は7GB通常プランでなく、ギガ放題プランを選びましょう。